アグリ川田

0

合計 ¥0

こだわり

元気に農業!安全でおいしい農作物をお届けいたします

白神山地などの山々から流れ出た水が潤す盆地、大館。
夏にはホタルが舞う清らかな環境で、お米「あきたこまち」が育ちます。
「川田の米はうまい」と言われる理由はそうした風土を生かしつつ、
広い農地から米づくりに合った土地を選び出し、
有機質肥料など肥料設計にこだわった土作りに努めているからです。

“適地適作”で農産物を安定供給

アグリ川田には、野菜やお米を安定的に提供できる基盤があります。
耕作面積は約100ヘクタール。農地は広範な地域に散在しているため、土地ごとに土壌の個性が異なります。このため、その作物に合った土地を選びながら“適地適作”ができるのです。
1つの農地で毎年同じ作物を作ると、生育に障害が起こることがありますが、広い耕地があれば、計画的な作付けで連作障害を防ぐことができます。

農地データ管理システムの導入

24年からは、研究機関の支援を受け、農地一筆ごとの栽培の記録を、詳細にデータ管理します。
これを活用し、それぞれの農地が持つ力を十分に把握し、作業のムリムダを省くことで、安定的・効率的な栽培を実現させます。
お客様からいただいた注文に確実に応えていく環境づくりの一環です。

効率的な栽培で、食を支える“農力”アップ

そもそも、ムリムダを無くして効率的な仕事を追求することが私たちのポリシーです。
そのことが、充実した栽培環境を生むことになるからです。
いい仕事をして、いいものを作りたい。効率的な農業で、たくさんの人の食を支えたい。それがアグリ川田の思いです。